キャリア重視で転職を狙う

不況の煽りから、中高年で転職をする人が以前よりも増えていると言われています。以前は35歳以上の転職は難しいと言われていましたが、その年齢も40歳、45歳と上限が上がってきています。しかしだからといってその年齢の人間が漠然と仕事を探しても、履歴書の段階で落とされることは多いでしょう。

中高年以上は年齢にあった転職先を狙わないと、なかなか成功しないものです。自分のこれまでの職歴や職務経験を活かすのはもちろん、求人サイト自体もそう言った年齢層に強いサイトを選ぶ必要があります。現在では求人サイトも専門性の強いものが増えており、管理職限定、年収がある一定以上のもの、マネジメント経験がある人間が対象など用途や目的に応じたものが増加しています。

中高年ともなると家族を持っている人間も増え、年収も一定以上の額を求めるようになります。企業側から見ても、ある程度年齢を重ね、マネジメント経験があってリーダーポジションを務められる人間は、喉から手が出るほど欲しい人材です。お互いのニーズをマッチさせるためには、自身の能力を客観的に把握することが重要になってきます。自分のキャリアを十分に活かすためには、低い給与で買い叩こうと言うのではなく、高い給与で釣り上げていくような求人を選んでいくべきです。求められる仕事の水準は高くなりますが、自分の職務経験やキャリアをじっくりと評価してくれて、年齢の高さをむしろプラスに評価してくれることも多いものです。安易に転職先を選んで給与が下がり、転職に失敗しないためには、そういった心がまえと考え方が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です