困難な転職活動を成功させるコツ

中高年の転職時すぐに失敗しやすいのが、長年勤めてきた会社での役職や立場から脱却できず、自分の価値を必要以上に高く見積もってしまうことです。自分の持っている資格やスキルがどれだけ世間で価値があるか、多くの求人サイトを利用して就職活動を数多くこなしていくことでやっと見えてくることがあるようです。

また求職活動において、今までのスキルを生かせない他職種に転職を希望する場合、またそのような転職を余儀なくされたケースは、今までの自分の経験やスキルが余り役に立たないことをしっかり自覚し、新たな視点で自分を企業に売り込み自分の過去の実績を捨て去る勇気も必要となってきます。いずれにしても中高年の転職時の意識改革は必要であり、ある程度の時間と労力が必要となることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

転職にあたっては専門の求人サイトを利用するといいでしょう。昨今の転職サイトのタイプは大きく分けると二つに分けられています。
一つは一般転職サイト型。大量採用がメインで質的に若干落ちますがサイトから直接応募できる手軽さがあります。基本的に自分で求人を選び探さなければなりません。

二つ目は近年主流となっている転職エージェント型。これは質の高い非公開型のターゲティング求人がメインです。この求人方法は担当アドバイザーとの面接、面談が必要となります。その上で適職アドバイスが受けられ、履歴書の書き方や面接日の調整までの無料サポートなどもあります。アドバイザーとの面接、面談の手間はあるものの、適性を合わせるといった点で確実で質が高く、自分に合った求人選べることからこの方法を選ぶ中高年が増えています。まずは自分の評価を明確にし、条件を決めて就職活動に挑むことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です