年齢制限を切り抜ける方法

年齢による制限の記載は法律的にも禁止されており、企業イメージを損なう事としても求人媒体に記載をしていないケースがほとんどです。しかし、そんな中でも実際には企業の中には面接時に、年齢を採用基準の一つとして設けていることがあります。

企業によっては、若者を揃える事によって企業を若く見せたいと思っている場合もあります。ただし、中には若者よりも仕事に積極的、責任感の強い中高年を求めている企業もあります。年齢を記載できない現状は、応募する側も、採用する側も無駄な時間と無駄な労力が発生してしまう可能性があるようにも思えます。年齢によって不採用になるとは知らず、求人サイトに応募をすれば、応募する側は、面接までのアクセスと時間と費用、企業側は面接行う時間を要する事になってしまいます。

もし、年を重ねた人が仕事を探す場合は、出来るだけ年齢の幅がある一定決まっている様な中高年向けの求人サイトに応募する方が望ましいと言えるでしょう。もし中高年として再度転職活動に挑むのであれば、社会人として立派な姿を見せる事が重要になります。言葉遣いはもちろんのこと、肩を張って堂々とした姿も評価のポイントになるでしょう。

正社員として採用された場合は、残業に対しても積極的に受け入れる気持ちが大切と言えるでしょう。中高年向けの求人サイトの中には、過去の職歴に対する経験を必要としている場合があります。受け答えが出来る様に、しっかりと過去の経験内容を確認しておく事も重要です。自分のスキルが役立つ業界を見極めて、転職を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です